BLOG ブログ

避雷針(電気工事)

避雷針(電気工事)

突然ですが、

【避雷針】は、

「雷を避けるための設備」

ではないんです!

…なんだか言葉遊びのようですが、

実際には

「雷の通り道を操作する設備」。

雷が建築物や電気設備、

そして人に被害を及ぼさないよう、

「どこに落ちるかわからない」

状況を回避してくれるのが

避雷針です。

先日も、お客様の社屋に避雷設備を

設置いたしました。

空高く伸びる避雷針。

詳細は「建築基準法」に定めがあり、

高さ20メートルを超える

建築物・工作物に設置するよう

義務付けられています。

なお、ここで言う工作物とは、

煙突や広告塔、そして

屋上に設置された設備などの総称。

例えば高さ18メートルの建物の屋上に

2メートルを超える空調設備があれば、

その建物は避雷針が必要となるのです。

なお、次のような周辺環境であれば、

例えビルの高さが20メートルに

満たなくても、自主的な避雷針設置を

おすすめしています。

■周囲に建築物が無い

建築物が周囲から孤立して

ポツンと建っている場合や、

周囲の建物や樹木の高さが

該当建築物の1/2以下である場合。

■標高の高い地域

標高300メートルを超える山岳地帯。

特に標高が900メートルを超える場合、

設置は必須と考えた方が良いでしょう。

■学校・病院・老人ホーム

避難の遅れがちなこれらの施設。

安心・安全を確保するためにも、

設置しておくと安心です。

※危険物を取り扱う建物の場合、

別途「消防法」「火薬取締法」等により

避雷針設置が義務付けられます

オフィス・お店・施設の安心・安全、

そして健やかな発展のためにも、

対策を講じておきたいものです。

そして、避雷針の役割はあくまでも

建物全体を大きな被害から守ること。

「雷が発生しそうな時には

コンセントやアンテナ線を抜く」

「日頃からパソコンデータの

バックアップを取っておく」

など、室内の電化製品の対策も

忘れずに行ってくださいね。

***************
あなたの「お家」に「快適」を。
あなたの「お店」に「発展」を。
あなたの「未来」に「幸せ」を。

ライフラインサービス株式会社
***************